halaljapan.jp のすべての投稿

イスラム金融がアラブ諸国で拡大へ

サウジアラビア・ジッダに拠点を置くイスラム研究研修所(IRTI)はエジプト・アレクサンドリアのアラブ科学技術アカデミーと協力し、アラブ諸国でイスラム金融を拡大していくことを目的に合意を結んだ、IRTIの事務総長Mohd Azmi Omar氏は語った。 続きを読む イスラム金融がアラブ諸国で拡大へ

インスパイアPNBパートナーズ、日本初のイスラム法適格ファンドを組成

インスパイアとPNBアセット・マネジメント・ジャパンは合弁会社を設立し、アセアンおよびイスラム市場への海外展開支援をテーマに、日本初のイスラム法(シャリア)適格PEファンド 続きを読む インスパイアPNBパートナーズ、日本初のイスラム法適格ファンドを組成

中国:ハラル業界でイメージ・チェンジへ

中国のムスリム人口は全国民の1-2%程度にすぎない少数民族で、主に寧夏回族自治区、甘粛省、青海省、新疆ウイグル自治区に住んでいる。

少数民族とはいえ、人口にすると2000万人を超え、ハラル食品やハラル製品を扱う中国企業や外国企業にとっては、大きな市場だ。 続きを読む 中国:ハラル業界でイメージ・チェンジへ

スタンダード・チャータード銀行:ケニアでイスラム金融に着手

スタンダード・チャータード銀行はアフリカで「Saadiq」ブランドを展開するための第一弾として、ケニアでイスラム金融サービスの提供を開始し、アフリカでのブランド拡大のための試金石とすることを、銀行幹部がロイターに語った。

東アフリカ最大の経済を持つケニアは資本市場活性化を目的とした戦略の一環として、イスラム金融に対し従来の規制とは別の枠組みを提案していたが、今回の動きはそれに沿ったものである。 続きを読む スタンダード・チャータード銀行:ケニアでイスラム金融に着手

UAE:ハラル食品への需要により市場が拡大

ムスリムの数が世界中で増えている中、イスラムの基準を満たすようなハラル食品や製品を扱う企業は増えており、その市場規模は数千億ドル規模だと考えられている。ブラジルやアメリカ、オーストラリアなどイスラム教徒が多くない国でもこの市場に食い込もうとする企業は多い。

アラブ首長国連邦(UAE)はハラル市場に参入しようとする企業の入り口となることで、イスラム・ビジネスと金融の中心になることを目論んでいる。 続きを読む UAE:ハラル食品への需要により市場が拡大