カテゴリー別アーカイブ: 輸出・輸入

シンガポール:ムスリム・ビジネスが日本市場へ

海外市場を狙うムスリム向けビジネスが進出先として日本を選ぶことはなかなかないだろう。

これまでにJapan Timesで報道してきたとおり、1億2700万の人口のうちムスリムがわずか10万人程度にとどまる日本では、イスラムを日常的に目にすることはあまり無いからだ。

しかし2020年の東京オリンピックに向けてムスリム観光客が100万人に達するだろうと考え、シンガポールのムスリム向けビジネスを展開している多くの企業も日本に対して大きな成長の可能性を感じている。 続きを読む シンガポール:ムスリム・ビジネスが日本市場へ

イギリス:ハラール市場が見せる大きな可能性  

広がりを見せるハラール市場は羊肉業者にとって大きな市場であるだけでなく、牛肉業者にとっても大きな可能性を示すようになってきている。ハラールが市場に与える影響は大きく、特に羊肉においては莫大な利益を生み出すようになってきている。 続きを読む イギリス:ハラール市場が見せる大きな可能性  

オーストラリア「ハラルに対する誤解が輸出減少につながる」

パイを制作しているメーカーが、一部製品でハラル認証を取得することにしたと発表したことに対し、SNSで大きな波紋を呼んでいる。こういった製品への反対が広がることで輸出に悪影響を与えると心配する声もある。 続きを読む オーストラリア「ハラルに対する誤解が輸出減少につながる」

『はばたけ 日本の匠』  マレーシアにJapan Shopをオープン ふぁんじゃぱん株式会社

マレーシアにMade In Japan Shopをオープンします。 食品、工芸品、雑貨など、日本のすばらしい商品をマレーシアのみならず、近隣諸国含めてアピール・販売する店舗です。 本店舗への出品等に関する商談会を11月11日(火)東京(都道府県会館)で開催いたします。 続きを読む 『はばたけ 日本の匠』  マレーシアにJapan Shopをオープン ふぁんじゃぱん株式会社

飛騨牛をイスラム圏へ 県、輸出に向け体制整備 岐阜

 インドネシアなどのイスラム圏に飛騨牛を輸出しようと、県は、現地での日本産牛肉の需要調査と、イスラム教の戒律に従ったハラール対応の食肉処理施設の建設モデルの策定に乗り出す。インドネシアは現在、日本産牛肉の輸入を認めていないが、解禁に向けた協議が進んでおり、輸出体制を整え、販路の拡大を目指す考えだ。 続きを読む 飛騨牛をイスラム圏へ 県、輸出に向け体制整備 岐阜