タグ別アーカイブ: ハラル

ビッグビジネスとなるハラール市場

スウォンジー郊外の工業地区で小さな革命が進んでいる。家族経営のLewis Pies社は80年以上に渡ってビーフ・パイやオニオン・パイ、ソーセージ・ロールなどイギリス伝統料理を作ってきたが、今後10年間でビジネスの3分の1は、需要増加が見込まれるハラール製品に向けることに決めたのだ。 続きを読む ビッグビジネスとなるハラール市場

ムスリム観光のブームを取り込むハラールホテル

クアラルンプール中心街のランドマークであるペトロナスタワーのすぐ横に建っているのは、マレーシアで初めてとなるハラール認証を受けたホテルPNB Perdana Hotelだ。ハラールとはイスラム法のシャリアにおいて「認められている」ことを意味し、商品やサービスに対して使われる。 続きを読む ムスリム観光のブームを取り込むハラールホテル

アメリカ:ハラール食品が200億ドル市場になった理由

食のトレンドと政治のトレンドが重なることが時としてある。アメリカがドイツとの戦争中にはザワークラウトを「liberty cabbage(自由のキャベツ)」に、フランスとの関係が悪化した時にはフライドポテトが「freedom fries(自由のフライ)」と変わってしまった。 続きを読む アメリカ:ハラール食品が200億ドル市場になった理由

飲食品支出はムスリムが1位

ムスリム消費者による食料品、飲料品に対する支出は、中国(8540億ドル)、アメリカ(7710億ドル)、日本(3800億ドル)、インド(3410億ドル)を上回り、世界1位であることがわかった。ハラール食品に対しては強い需要があり、世界イスラム経済サミットではこの分野での規格統一が必要である点に焦点が当てられた。 続きを読む 飲食品支出はムスリムが1位

神田外語大学の学生食堂「食神」が6月18日・25日、7月2日にラマダンにおいて日没後に初めてとなる食事「イフタール」食事会を開催 — イフタールについての講話も実施予定

神田外語大学(千葉市美浜区 学長:酒井邦弥)の学生食堂「食神」は、ラマダン期間中である6月18日(土)・25 日(土)、7月2日(土)に、NPO法人日本アジアハラール協会(NAHA)の解説を交えたイフタール食事会を行う。 続きを読む 神田外語大学の学生食堂「食神」が6月18日・25日、7月2日にラマダンにおいて日没後に初めてとなる食事「イフタール」食事会を開催 — イフタールについての講話も実施予定