タグ別アーカイブ: 観光

雄山荘がハラル対応プラン/滋賀

 滋賀県おごと温泉の里湯昔話雄山荘(宇都木公一社長)がイスラム教徒(ムスリム)の誘致に力を入れている。このほど、イスラム教の法に適した食事の提供を証明する「ハラル」認証を取得。5月20日に「ムスリムフレンドリーメニュー」付き宿泊プランを発売した。 続きを読む 雄山荘がハラル対応プラン/滋賀

ハラル情報、アプリで発信 ムスリム誘客の決定打

 東南アジアからの訪日客が増え、日本の観光業に大きなインパクトをもたらしている。日本政府は昨年7月にタイ、マレーシアからの観光客に対するビザ取得を免除。現在はインドネシア、フィリピン、ベトナムからの観光客にも同様の措置を検討中だ。2020年の東京五輪を控え、東南アの観光客を迎える環境整備は一段と進むだろう。 続きを読む ハラル情報、アプリで発信 ムスリム誘客の決定打

シェラトン都ホテル大阪、「ムスリムフレンドリー」メニューの提供開始

 シェラトン都ホテル大阪は、6月1日よりムスリムのお客様向けサービスとなる「ムスリムフレンドリー」メニューの提供開始。京都ハラール評議会所管の「ムスリムフレンドリー」のメニュー認証を取得。同評議会から大阪のホテルへの認証発行、ならびにブッフェスタイルへの認証発行は今回が初。

シェラトン都ホテル大阪

ムスリム訪日客に重要な2つのポイントは「情報」と「対応」

三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、インドネシアとマレーシアで実施したムスリムに対する訪日旅行の意向調査の結果を受け、今後の受入れには「正しい情報提供」と「柔軟な対応」が重要になると提言した。訪日旅行に対する不安や旅行で重視する項目には「飲食」と「礼拝」に関する内容が多く、これらの不安を払拭できる情報提供や配慮・工夫などにより、受入環境の底上げを図ることが可能となることも多いという。

 飲食については、「不安・不満を感じる」「行きたくない要因となる」で、「ハラールに対応した飲食店が少ない」「販売されている飲食物、物品の原材料表記などの情報が乏しい」などが両国とも上位を占め、特に訪日経験のない人はその傾向が強い。

日本へ旅行をする場合の「重要度の高いもの」でも、「ハラール認証を受けた飲食店の情報が得られる」、「アルコールが含まれていないことが分かる」など、飲食に関する情報やサービスの有無が上位を占めた。

また、礼拝に関しては「空港、駅等の公共スペースにおいて礼拝できる設備が少ない」「空港、駅以外の場所で礼拝できる場所が少ない」などがネガティブ要因に上がっており、「日本人のムスリムへの理解」や「WiFi」、「言語」等については、重要度としては低い結果となった。

訪日旅行で関心のあるものは「桜・紅葉等の観賞」「雪」「日本の自然・風景」が多く、日本およびアジアの国・地域(非イスラム圏)のうち、日本が優れていると評価されたものは「雪」「観光地」「おもてなし」「現地ならではの食事」が高かった。評価が低いものは「ハラールレストランの充実」「言葉が通じやすい」「旅行費用が安い」で、日本より優れている国としてはシンガポール、中国が選択されるケースが多かった。

TRAVEL VOICE

京都がドバイにPRオフィス設置 イスラム誘致に本腰の日本に現地紙注目

 近年日本国内では、中東向けの観光誘致の動きが盛んだ。京都がドバイに初のPRオフィスを設置、また関西国際空港では「ムスリム・フレンドリー・エアポート」を目指すなど、イスラム観光客に対応できるサービス・施設の充実を図っている。海外メディアはその内容を報じた。 続きを読む 京都がドバイにPRオフィス設置 イスラム誘致に本腰の日本に現地紙注目

マレーシア:活気に湧くハラル観光業に照準

マレーシアはムスリム観光客のマレーシア訪問を増やすため、国内ホテルに対し、シャリアに準拠した施設を提供するよう呼びかけている。

政府データによると、マレーシアを訪れる観光客は2000年から二倍に増加しているが、ムスリム観光客だけに絞ると三倍に増えており、550万人を記録している。 続きを読む マレーシア:活気に湧くハラル観光業に照準