タグ別アーカイブ: 飲食店

2020東京オリパラ対策は大丈夫ですか?ムスリム観光客おもてなしにはハラールの知識を。 - ハラール調理師認定講座(1日コース・大阪、東京)を開催-

ハラール調理師認定講座普及を手掛ける、日本料理国際化協会(所在地:大阪市中央区南船場4丁目12-22、事務局長:末本庄一)は、ハラール調理師認定講座(1日コース)を、大阪で2017年3月21日(火)11時〜16時に、および東京で2017年4月17日(月)10時〜15時にそれぞれ開催します。 続きを読む 2020東京オリパラ対策は大丈夫ですか?ムスリム観光客おもてなしにはハラールの知識を。 - ハラール調理師認定講座(1日コース・大阪、東京)を開催-

シンガポール:ムスリム・ビジネスが日本市場へ

海外市場を狙うムスリム向けビジネスが進出先として日本を選ぶことはなかなかないだろう。

これまでにJapan Timesで報道してきたとおり、1億2700万の人口のうちムスリムがわずか10万人程度にとどまる日本では、イスラムを日常的に目にすることはあまり無いからだ。

しかし2020年の東京オリンピックに向けてムスリム観光客が100万人に達するだろうと考え、シンガポールのムスリム向けビジネスを展開している多くの企業も日本に対して大きな成長の可能性を感じている。 続きを読む シンガポール:ムスリム・ビジネスが日本市場へ

総合企画センター大阪、日本におけるハラール食品市場について調査結果を発表

日本におけるハラール食品市場について調査結果を発表

 この程、マーケティングリサーチ会社の株式会社総合企画センター大阪(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、日本におけるハラール食品市場について調査を実施、その結果を発表した。 続きを読む 総合企画センター大阪、日本におけるハラール食品市場について調査結果を発表

飲食品支出はムスリムが1位

ムスリム消費者による食料品、飲料品に対する支出は、中国(8540億ドル)、アメリカ(7710億ドル)、日本(3800億ドル)、インド(3410億ドル)を上回り、世界1位であることがわかった。ハラール食品に対しては強い需要があり、世界イスラム経済サミットではこの分野での規格統一が必要である点に焦点が当てられた。 続きを読む 飲食品支出はムスリムが1位

ハラール認証:マレーシアの飲食店が考えていること

マレーシアがハラール業界の世界的なハブとなろうと取り組んでいる中、レストランが「pork-free(豚肉なし)」と表示することは混乱を招いているという苦情が広がっている。これを受けた当局は、ムスリムが食べても大丈夫な食品であると証明するために、認証を受けるよう国内の飲食店に促している。 続きを読む ハラール認証:マレーシアの飲食店が考えていること

日本初! ハラルベーカリーカフェ リエゾン 東京三田 慶応大学前にオープン!

 株式会社おかやま工房 リエゾンプロジェクト東京オフィス(東京都品川区、代表取締役社長:河上祐隆)は、ハラル認証取得したベーカリー『HalalBakeryCafeLiaison(ハラルベーカリーカフェリエゾン)』を東京三田慶応大学前に開店いたします。 続きを読む 日本初! ハラルベーカリーカフェ リエゾン 東京三田 慶応大学前にオープン!