ニュース

マレーシア:ハラル製品輸出の収入は1兆420億円に

2013年のハラル製品の輸出は328億リンギット(約1兆420億円)を記録し、マレーシアによる総輸出金額7198億リンギット(約22兆8680億円)の4.56%を占めるようになった。

4050821052_27a4352f8d_m国際貿易産業大臣のDatuk Seri Mustapa Mohamedによると、ハラル製品の主な輸出先は中国(43億リンギット:1366億円)、シンガポール(31億リンギット:985億円)、アメリカ(27億リンギット:858億円)、インドネシア(22億リンギット:699億円)、日本(18億リンギット:572億円)となっている

輸出されている製品は食品と飲料が最も大きく132億リンギット(4139億円)、ついでハラル調味料の106億リンギット(3367億円)、椰子油製品の48億リンギット(1524億円)、化粧品・日用品の17億リンギット(540億円)、医薬品の3.75億リンギット(119億円)となっている。

この数字は、ハラル製品輸出の品目、金額、輸出相手国について質問をしたEr Teck Hwa氏に対する書面の回答の中で示されたものである。

(レートは6月13日時点1リンギット=31.77円で計算 参照:oanda.com)

The Star

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です