ニュース

マレーシア三菱東京UFJ銀行、イスラム債(スクーク)の発行プログラム設定

 三菱東京UFJ銀行の現地法人であるマレーシア三菱東京UFJ銀行は5日、日系の商業銀行として初めてという、マレーシアにおいて多通貨での起債が可能なイスラム債の発行枠(5億米ドル相当額のマルチカレンシースクークプログラム)を設定した。

 同プログラムの設定により、マレーシア三菱東京UFJ銀行は、米ドル、マレーシアリンギットおよび日本円を含む多通貨でのイスラム債の発行を10年間にわたり行うことが可能となるという。初回発行については、投資家の需要動向やマーケット環境等を踏まえたうえで、適切なタイミングでの発行を検討していくとしている。イスラム債の発行により調達した資金は、今後大きな伸びが期待されるイスラム金融方式の貸出に充当する予定。

【マルチカレンシースクークプログラムの詳細】

  • プログラム発行枠:5億米ドル相当額
  • 設定日:6月5日
  • プログラム期間:10年間
  • プログラム格付:AAA(bg) / 安定的(マレーシア国内基準)
  • マレーシアの格付機関 RAM Rating Services Berhad より取得
  • 保証人:三菱東京UFJ銀行
  • 主幹事:CIMBインベストメント・バンク、三菱UFJ セキュリティーズインターナショナル、マレーシア三菱東京UFJ銀行

 マレーシア三菱東京UFJ銀行は、2008年にマレーシア中央銀行から外貨建てのイスラム金融業務に係るライセンスを取得し、専門部署を設置して以降、イスラム金融に係るサービスの提供を行うことにより、着実に実績を積み上げてきたという。また、日系の商業銀行では唯一、自前のシャリアコミッティ(イスラム法学者で構成され、取引がイスラム法に合致するかを判断する委員会)を有し、イスラム金融業務に取り組んでいるという。

 三菱東京UFJ銀行とマレーシア三菱東京UFJ銀行は、イスラム債の発行を機に、イスラム金融のさらなる発展に貢献するとともに、マレーシアのみならず、その他のアジア・中東等のイスラム教国で急速に拡大する顧客のイスラム金融ニーズに応えるべく、さらなるサービスの拡充に努めていくとしている。

マイナビニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です