ハラル認証とは

ハラル認証とは認証機関によりイスラム法に準拠した安心できる物に付与される認証のことを言い、認証取得後も認証機関による定期的な検査が必要になります。

認証機関は世界各国に有り、国によって制度、体制、審査基準、手続きも異なります。マレーシアは国の行政機関として運営していますが、他の国は宗教委員会など政府の公的機関ではありません。(JAKIM マレーシア・ハラル認証への国際申請についてはコチラ

認証は各国異なることから、ある国の認証が他の国では通用しないということがあります。(例、タイの認証は一部のイスラム国に受け入れられていない

国内認証機関一覧コチラ
認証を取得した企業と製品の情報コチラ
ハラル認証に関する記事コチラ

ハラル認証取得と問題点について

ハラル認証はムスリム市場への商品輸出にメリットがありますが、各認証団体により取得にかかる費用(ほとんどの団体の料金表は非公開です)、手続き、審査内容ともまちまちで一部の大手企業以外は取得が進んでいないのが現状です。商品の生産工場と品種ごとに認証を得ることが基本で、検査期間に数年かかる場合もあります。

また前述したようにA国では通用する認証がB国では通用しないこともあります。

認証取得したからといって商品が売れるわけではないですし、認証がなくても「Swine Free」(豚・豚成分不使用)や「No pork No alcohol」と表記し、消費者に情報を開示することによって売れることもあります。

認証取得には自社製品やサービスをどこの国に売るのか、マーケットのニーズをしっかり調査してから認証取得を検討するべきでしょう。