カテゴリー別アーカイブ: ハラル食

ビッグビジネスとなるハラール市場

スウォンジー郊外の工業地区で小さな革命が進んでいる。家族経営のLewis Pies社は80年以上に渡ってビーフ・パイやオニオン・パイ、ソーセージ・ロールなどイギリス伝統料理を作ってきたが、今後10年間でビジネスの3分の1は、需要増加が見込まれるハラール製品に向けることに決めたのだ。 続きを読む ビッグビジネスとなるハラール市場

日本政府観光局(JNTO)が、マレーシアにクアラルンプール事務所を開設。

訪日外国人旅行者数が 2016 年に過去最高の 2,404 万人となり、日本政府観光局(JNTO)では、2020 年に4,000 万人という政府目標に向け、海外における訪日プロモーション事業の拡充・高度化に取り組んでいます。 続きを読む 日本政府観光局(JNTO)が、マレーシアにクアラルンプール事務所を開設。

アメリカ:ハラール食品が200億ドル市場になった理由

食のトレンドと政治のトレンドが重なることが時としてある。アメリカがドイツとの戦争中にはザワークラウトを「liberty cabbage(自由のキャベツ)」に、フランスとの関係が悪化した時にはフライドポテトが「freedom fries(自由のフライ)」と変わってしまった。 続きを読む アメリカ:ハラール食品が200億ドル市場になった理由

総合企画センター大阪、日本におけるハラール食品市場について調査結果を発表

日本におけるハラール食品市場について調査結果を発表

 この程、マーケティングリサーチ会社の株式会社総合企画センター大阪(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、日本におけるハラール食品市場について調査を実施、その結果を発表した。 続きを読む 総合企画センター大阪、日本におけるハラール食品市場について調査結果を発表

飲食品支出はムスリムが1位

ムスリム消費者による食料品、飲料品に対する支出は、中国(8540億ドル)、アメリカ(7710億ドル)、日本(3800億ドル)、インド(3410億ドル)を上回り、世界1位であることがわかった。ハラール食品に対しては強い需要があり、世界イスラム経済サミットではこの分野での規格統一が必要である点に焦点が当てられた。 続きを読む 飲食品支出はムスリムが1位

ハラル、ベジタリアンの食ニーズにも対応!! “日本語初”オールカラー汎・中東料理レシピブック発売!! 国内クラウドファンディングにて支援金額1位を記録!!

訪日観光客増に伴う、ムスリム、ベジタリアンなど日本には馴染みのなかった食文化に対する急速なニーズの高まりを背景に、国内でもポピュラーになりつつあるトルコ、モロッコはもちろん、日本語レシピとしては初となるレバノン、イスラエル料理を55レシピにまとめました。 続きを読む ハラル、ベジタリアンの食ニーズにも対応!! “日本語初”オールカラー汎・中東料理レシピブック発売!! 国内クラウドファンディングにて支援金額1位を記録!!